キャットフードに含まれている栄養素(ビタミン)

キャットフードには、「ビタミン」も配合されています。ビタミンと言うと健康には欠かせない栄養素という認識はありますが、具体的にどのような働きがあるのか知っている人は少ないでしょう。

ビタミンは、タンパク質や糖質、脂質などのように体をつくったりエネルギーになるものではありません。ビタミンの「ビタ(VITA)」は、「生命」「活力」の意味です。つまり、3大栄養素の「潤滑油」のような役割で、体に活力を与える働きをするのが、ビタミンなのです。

ビタミンには、「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」があります。水溶性ビタミンは水に溶けるビタミンで、ビタミンB群とビタミンCがこれに該当します。水溶性ビタミンは過剰にとっても余分なものは尿と一緒に排泄されます。特にビタミンCとビタミンB2は過剰摂取の心配は必要ありません。

脂溶性ビタミンは、油に溶けるビタミンで、ビタミンA、D、E、Kです。体内に蓄積するので、ビタミンE以外は過剰摂取に注意が必要です。

水溶性ビタミンは過剰摂取の心配は少ないですが、欠乏症の危険性があります。ビタミンB1が不足すると、食欲不振や嘔吐がみられ、歩き方が変になったりします。「猫がイカを食べると腰を抜かす」という言い伝えは、イカに含まれるビタミンB1を分解する酵素が理由だと考えられます。実際は、腰を抜かす例はあまりありませんが、ビタミンB1の不足は愛猫の健康には良くありません。

また、ビタミンB2 が不足すると肌の炎症や口内炎、目の充血などの症状が、ビタミンB6が不足すると貧血や視覚障害、排尿の増加などの症状が出ることがあります。

愛猫の健康維持のためには、ビタミンをバランスよく摂取することが大切です。総合栄養食のキャットフードであれば必要なビタミンは摂取できます。ネコちゃんに魚ばかり与えるとビタミンEが不足して体調不良を引き起こすことがあるので注意して下さい。

最近では手作りキャットフードも人気になっていますが、自然の素材だけでは栄養が不足してしまうこともあるので、栄養のバランスを考慮しながら、不足しがちなものはサプリメントなどで補給することも大切ですね。