キャットフードに含まれている栄養素(ミネラル)

人の健康維持に欠かせない栄養素として、「ビタミン」や「ミネラル」があげられます。ミネラルは、無機質とも呼ばれ、キャットフードの成分表には「灰分」と表示されています。

猫にとっても、ミネラルは必要な栄養素です。米国飼料検査官協会(AAFCO)では以下の12種類のミネラルを基準としています。

・カルシウム・リン・カリウム・ナトリウム・塩化物・マグネシウム・鉄・銅(ドライ製法)・マンガン・亜鉛・ヨウ素・セレニウム

これらミネラルの中で、もっとも重要なのが「カルシウム」です。カルシウムは骨や歯を丈夫にする栄養素として有名ですが、筋肉や血液にも含まれています。血液中のカルシウムは止血や筋肉の収縮、神経を興奮させる働きがあります。生命活動には不可欠なものです。

カルシウムが骨や筋肉を作る時に、材料となるのが「リン」です。つまり、カルシウムとリンは非常に重要な関係があります。カルシウムは骨や乳製品、豆などに多く含まれています。一方、リンは肉や臓器(ホルモン)に多く含まれています。肉が原材料に含まれているキャットフードを食べていれば、リンが不足することはないでしょう。むしろ心配なのは、リンの過剰摂取です。リンが多すぎると骨のカルシウムを溶かして、体外へ排出してしまいます。その結果、骨密度が低下して骨が弱くなってしまいます。

カルシウムとリンの摂取はバランスが重要です。理想的なバランスは、1:1と言われています。また、「マグネシウム」も筋肉の収縮に関係し、カルシウムとのバランスが大切です。カルシウム2に対して、マグネシウムが1が理想です。

カルシウムは、たくさん摂取した方が良いと思われがちですが、カルシウムの過剰摂取は膀胱結石につながる危険性があります。猫の結石には様々なものがありますが、カルシウムの過剰摂取ではシュウ酸カルシウム結石が、マグネシウムの過剰摂取ではリン酸マグネシウムアンモニウム結石(ストルバイト結石)を発症させるリスクが高まります。

ミネラルは愛猫にとって大切な栄養素です。一般的な総合栄養食ではミネラルのバランスを考えて配合されていますが、それ以外のキャットフードを与えている場合は、カルシウムなどの配合には注意が必要ですね。