キャットフードに含まれている栄養素(炭水化物)

キャットフードのパッケージには、タンパク質や脂質、食物繊維、灰分(ミネラル)が含まれる割合は記載されていますが、炭水化物の表示はありません。なぜ、キャットフードには炭水化物の割合が表示されていないのでしょうか?

炭水化物は、穀物に多く含まれる栄養素で、デンプンやブドウ糖などの糖質と食物繊維にわかれます。糖質は人間にとっては大切なエネルギー源です。但し、摂り過ぎると肥満の原因にもあります。「炭水化物ダイエット」も、この糖質を制限するダイエット法です。

人には重要な炭水化物ですが、猫の場合は少し異なります。猫の場合、エネルギーのほとんどはタンパク質と脂肪から得ています。つまり、炭水化物はエネルギー源としてはあまり重要ではありません。

それは、猫の体の特徴が原因です。炭水化物のブドウ糖はそのまま体内の吸収されますが、デンプンはアミラーゼという酵素がなければ吸収できません。猫の場合、アミラーゼの量は犬の3分の1で、消化吸収の能力が劣っています。

では、猫には炭水化物は全く必要ないのでしょうか?野生の猫はネズミなどの小動物を丸ごと食べていました。当然獲物の体内には穀物などの炭水化物が含まれています。自然の形で炭水化物を摂取しているのです。しかし、野生のネズミに含まれる炭水化物は2%以下です。つまりネコちゃんには、これぐらいの割合の炭水化物で十分ということになります。

しかし、実際のキャットフードに含まれる炭水化物の割合は意外なものです。炭水化物の割合は、キャットフードには記載されていませんが、タンパク質・脂質・繊維質・水分の割合を足して求めることができます。

計算すると、ほとんどのキャットフードの30%~40%が炭水化物になります。その理由は、原材料の穀物が使われていることです。猫にとって大切な栄養はタンパク質ですが、穀物から植物性タンパク質がとれます。肉よりも穀物の方が安くなるので、多くのキャットフードには穀物が使用されています。

価格は飼い主にとっては重要ですが、炭水化物が40%以上のキャットフードはオススメできません。穀物の摂り過ぎは消化不良やアレルギーの原因にもなります。良質の動物性タンパク質がメインのものがベストですね。